「Tiny」でMacのスクリーンショットのファイル名が自由自在!

tiny
こんにちは!Macユーザーのともひろ(tomo24s)です。

普段マックを使ってブログを書いているます。ブログ用にスクリーンショットを撮影する機会も多くあります。

関連記事▷Macで影なしスクリーンショットを撮るショートカット【備忘録】

Macでスクリーンショットを撮影するとファイル名が「スクリーンショット 2017-05-12 00.00.01.png」のようにスクリーンショット+撮影日時となります。個人的にファイル名に日本語が入るのが気に入らないので、今回はこのファイル名を変更する方法をご紹介します。

ファイル名変更はターミナルで

スクリーンショット撮影時のファイル名を変更するにはターミナルを起動して、そちらで設定を行います。ターミナルはショートカットキー「control+spaceキー」でスポットライト検索を呼び出し、「ターミナル」で検索&起動できます。screenshot_2017-05-12_2_51

ファイル名を変更する方法

僕はファイル名に日本語が入るのが気に入らないので、例としてそこを「screenshot」に変更します。

ターミナルが起動したら以下のコードを書いて(コピペでOK!)returnキーを押します。

続いて、SystemUIServerを再起動して設定を反映させます。

これで通常はファイル名が「screenshot 日時」に変わるはずです。

…が、なぜか僕の場合は変わりませんでしたσ^_^;

2017.05.22 ファイル名が変わらない原因と対処法について記事を書きました。
関連記事▶スクリーンショットの名前が変わらなかった原因はDropboxだった件

Tiny for Macを使用すれば簡単♪

そこで次に試したのが「Tiny for Mac」というアプリ。Tiny for Macでスクリーンショットのファイル名が自由自在

これヤバイです。ターミナルを使うよりも簡単に、しかもファイル名を”自由自在”に変更できちゃいます。

ダウンロードはこちらからどうぞ。

設定で自在にファイル名を変更可能

アプリを起動したら画面上部のメニューバーに「眼鏡に髭」のアイコンが表示されるので、それをクリックします。続いて「Preferences」→「Change file name format」と進みます。screenshot_2017-05-12 2.27

変更方法は2通りあります。

1つ目は、画面右下の方にある「Restore Default」をクリックして、画面上部に表示される項目から不要のものを削除したり、お好きなファイル名を追加したりします。僕は「screenshot_Date time」にしました。screenshot_2017-05-12_2_33

もう1つの方法は、画面左下のTakenにある項目を選択肢、その右側のInsertをクリックして追加していく方法です。screenshot_2017-05-12_2_33_copy

どちらかお好みの方法で設定してみてください。

設定後に試しで撮影したスクリーンショットがこちら。ちゃんと設定したとおり「screenshot_日時」になってますね♪screenshot_2017-05-12 2.48

さいごに

ターミナルでファイル名を変更するのは敷居も高く面倒だし、「好みの名前+日時」という風に日時の前にしか好きな名前を付けれられませんが、Tiny for Macならファイル名が自由自在になるので、個人的にはこちらの方がおすすめです。

Macでスクリーンショットを撮る機会のある方は、ぜひお試しください。
ダウンロード▷Tiny for Macのダウンロードはこちらから。

なんでターミナルで変更できなかったんだろう・・・

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で