iOSアプリ「ショートカット」を使用して、アプリアイコンを取得する方法

ショートカットアプリを使用してアプリアイコンを取得する方法
こんにちは!iPhone大好きなともひろ(@tomo24s)です。

このブログでも、いろいろなアプリを紹介してきました。

その時、アプリのアイコンを使用したアイキャッチ画像を作成してきました。

今までアプリのアイコンを取得するために「AppStoreアプリアイコン取得プログラム」というサイトを使用していました。

しかし、先日いつものようにアプリアイコンを取得しようとページを開くと「ページが見つかりません。」とエラー表示がされ利用できなくなっていました。

困ったなと思っていたところ、iOSアプリの「ショートカット」を使用することで、アプリアイコンを取得できることが分かりました。

今回は、iOSアプリ「ショートカット」を使用して、アプリアイコンを取得する方法をご紹介します。


iOSアプリ「ショートカット」とは

以前は「Workflow」という名前でしたが、Appleが買収して「ショートカット」という名前に変更になったアプリです。

このアプリを使うことで、さまざまな事を自動化することができます。

例えば、今見ているサイトを画像つきでツイートしたり、今回の記事でご紹介するような、App Storeからアプリのアイコンやスクリーンショットの画像を取り出して、カメラロールに保存といったことをワンタップで行うことができます。

そして、それらの自動化した動作を「ショートカット」アプリではレシピと言います。

「ショートカット」を使用してiOSアプリのアイコンを取得する方法

「ショートカット」アプリを使用してアプリアイコンを取得する方法を画像つきで説明していきます!

もし、まだ「ショートカット」アプリをダウンロードしていない場合は、下記のリンクからダンロードをしてください。

ショートカット 2.1.2(無料)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
価格:無料(記事執筆時点)
App Store

アプリアイコンを取得するためのレシピ

▼アプリを起動するとライブラリが表示されます。この画面で「ショートカットを作成」をタップします。
ショートカットを作成をタップ

▼(2019.09.07追記部分) App名を検索するためのレシピを追加しました。
0000

▼次に画面下部にある検索窓に「App」と入力すると、候補がいくつか出てくるので「App Store Appの詳細を取得」をタップします。
App Store Appの詳細を取得をタップして追加

▼続いて、先程同じように検索窓に「URL」と入力しアクションを検索します。出てきた候補から「URLの内容を取得」をタップし、アクションを追加します。
URLの内容を取得をタップして追加

▼今度は、「イメージをマスク」を検索し、同じように出てきた候補をタップし追加します。
イメージをマスクを追加します。

▼追加した「イメージのマスク」の項目「種類」の右側にある「選択」をタップするとメニューが表示されるので、「角丸四角形」をタップして選択します。続いて「角の半径」には122と入力します。
イメージをマスクの詳細を設定します。角丸四角形、半径を122に設定

ここで、「イメージをマスク」を追加しないと、四角形のアイコンが取得されます。

▼「クイックルック」と「フォトアルバムに保存」を検索し、それぞれのアクションを追加します。
クイックルックとフォトアルバムに保存を追加します

▼画面右上の「完了」の下側にあるアイコンをタップします。次の画面で名前やアイコンの編集などができます。この画面で「共有シートに表示」をタップして有効にします。
名称の変更などを行います。

▼すると「受け入れの種類」という項目が出てくるのでタップします。僕はここで一番上の「App StoreのApp」のみ選択しました。
共有シートに表示

以上で、アプリのアイコンを取得するレシピが完成しました。

完成したレシピを使ってアプリアイコンを取得する手順

2019.09.07追記 こちらの方法では、アプリアイコンの取得ができなくなりました。上記のレシピを作成していただき、ショートカットアプリを直接起動してレシピを実行してください。
今度は、先程作成したレシピを使って、アプリのアイコンを取得する方法のご紹介です。

▼まず、iPhoneのApp Storeを開き、アイコンを取得したいアプリを表示させます。そして、アプリ名の右側にある「・・・」→「Appを共有…」の順にタップします。
Appを共有...をタップ

▼出てきたメニューに「ショートカット」が表示されているのでタップします。
0001

すると、「ショートカット」アプリが起動するので、先程作成したレシピをタップします。すると、アプリアイコンが画面に表示され、写真アプリにアイコンが保存されます。

▼もしApp Storeで「Appを共有…」をタップ後表示されるメニューに「ショートカット」が表示されていない場合は、表示されたメニューにある「・・・その他」をタップし、続いて表示されるアクティビティメニューで「ショートカット」を有効にします。これで、次回から「ショートカット」が表示されるようになります。
ショートカットが表示されない場合は、アクティビティメニューでショートカットを有効にします。

さいごに

今までアプリのアイコンを取得するときは、AppStore画像検索プログラムというサイトを使用していました。

しかし、久しぶりに利用と思い訪れてみると404エラーが表示され利用できなくなっていました。

残念だとは思いましたが、他の方が作成したサービスなので、このような事態になることは致し方ないことです。

今回ご紹介する「ショートカット」を利用してアプリのアイコンを取得する方法なら、そのような心配はしなくても済みそうなので、ちょっと安心です。(Appleの気が変わらなければですが・・・)

もし自分で登録するのが面倒な方は、僕の作成したレシピを置いておきます。「ショートカット」アプリをダウンロードしたiPhoneから、下記のリンクをタップすると登録できます。ぜひダウンロードしてみてください。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019