iPhoneのスクリーンショットのファイル形式をPNGからJPEGに変更するアプリが便利だった

jpeg_png_app
こんにちは!ともひろ(tomo24s)です。

iPhoneでスクリーンショットを撮影すると保存された画像はPNG形式で保存されます。普段ブログでスクリーンショットを使った記事を書く時など、PNG形式のままだとファイル容量が大きいので、これをJPEGに変換して掲載しています。

その変換を簡単にしてくれるアプリがあるのでご紹介します。

無料版と有料版がある

今回ご紹介するアプリは、「JPEG / PNG 変換」というアプリです。このアプリには無料版と有料版があります。広告を非表示にしたい場合は、有料版を購入すると良いでしょう。

使い方は簡単♪

▼アプリを立ち上げたら「写真を読み込む」をタップします。
IMG_1410

▼すると「”JPEG⇔PNG”が写真へのアクセスを求めています」というダイアログがでるのでOKをタップして許可します。
IMG_1411

▼写真アプリで変換したい画像を選択し、画面右上の「変換して保存」をタップします。
IMG_1412

▼「JPEG形式で保存」をタップします。
IMG_1413

これで変換が完了です。

写真アプリ内に「JPEG」というフォルダが自動で作成されます。また、JPEGからPNG形式への変換も同様の手順で行えます。その時、写真アプリ内には「PNG」というフォルダが作成されます。

紹介したアプリ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で