あいつは突然やって来た・・・

screenshot 2017-09-30 13.39.25
こんにちは!ともひろ(tomo24s)です。

先月末29日から昨日(2017年10月2日)まで、このブログがSSL証明書の更新エラーで見ることができない状態でした。ご迷惑をおかけしましたこと、お詫び申し上げます。(と言っても見ている人なんていないか・・・w)

さて、今回はSSL証明書の有効期限が切れてしまい、ブラウザによってエラーメッセージが出てしまい、サイトにアクセスすることができなかった訳ですが、そのことについて少し書きたいと思います。

SSL証明書の有効期限切れ

最近の流れに乗って当ブログもSSL化(https化)をした訳ですが、そのSSLの証明書の有効期限を先月末に迎えた訳です。このSSL化の流れは、グーグル先生も「やらないと不利になるよ」とおっしゃっているので、アドセンスなどでお世話になっている以上、そう言われてしまっては、対応しないわけにはいかないじゃないかという考えで、サーバー移転を機に対応したわけです。

そのSSLで安全に通信を行うために必要な電子証明書がSSL証明書なんですが、普通この証明書の有効期限が来ると自動で更新されるわけですが、なぜか今回は更新されませんでした。

SSL証明書を更新するために行ったこと

このままセキュリティエラーが出たままでは、そもそもサイトを表示させることができないので、更新する必要があります。SSLを辞めてしまうというのも対応としてはありますが、それはグーグル先生の意向に背く形になるので、今回は選択肢にありません。

まず行ったことは、サーバーを借りているMixHostサポートページを確認。

書かれていることを1つ1つ確認しました。しかし、書かれていることをチェックして言っても、これと言って該当しそうな原因が出てきませんでした。

強いていうならば、ドキュメントルートの.htaccessファイルに不要な記述はございませんか?という項目。このファイルにリダイレクトに関する記述があるのですが、これはMixHost推奨のWordPressのSSL対応方法のReally Simple SSLというプラグインの利用に伴うものなので、直接の原因ではないと思うんですけどね・・・。

そして、同じような方がいないかと思いググって見ましたが、サポートページ以上の情報は得られず・・・残念。

最後はサポートに問い合わせ

結局、自分では原因を特定することができなかったので、サポートに問い合わせて見ました。

そしたら、親切にもサポートの方で、SSL証明書が適用されるようにしてくださいました!

これで、無事サイトがきちんと表示されるようになりました。めでたしめでたしw

最後に

今回のように、サポートページを見ても解決しないときは、ぐぐったりして自力で何とかしようとするのも良いけど、思い切って問い合わせてしまうのが、結局、一番楽だし早いと思いました。

今回は、たまたまなのかもしれませんが、問い合わせメールと発出してから1時間くらいで返事が来て、サイトが通常通り表示されるようになりましたから。

今回の迅速な対応は、ほんと素晴らしいと思いました。レンタルサーバーをお探しの方がいたらMixHostは、ほんとオススメです!

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で