MarsEditでWordPressの予約投稿をする方法

gori_9V9A8291_TP_V
こんにちは!ブロガーのともひろ(tomo24s)です。

このブログは、WordPressを利用しています。記事の執筆にはMacで人気のエディタMarsEditを使っています。

今までは記事を投稿する時は、MarsEditで記事を書いて、下書きとしてWordPressに保存した後、WordPressにログインして保存した投稿の公開日時を設定していました。

これが少々面倒に感じていたので、MarsEditだけでWordPressの予約投稿ができないものかと調べたら、意外と簡単にできたのでご紹介します。

MarsEditとは

僕がブログの記事を執筆するときに利用しているのが、Mac使いの多くのブロガーさんが利用しているエディタMarsEditです。

WordPressとの相性が抜群で、記事を書くことだけに専念できる凄く優秀なブログ用エディタです。特に僕が気に入っている機能が、flickrに上げた画像を簡単に記事に挿入できる点です。

今までは、flickrのサイトで貼り付けたい画像のURLを取得してから貼り付けたりしていましたが、MarsEditを利用すれば記事を書きながら、必要な画像を選んで挿入すれば良いだけと非常に簡単です。

MarsEdit – for WordPress, Tumblr, Blogger, etc.
価格: ¥4,800(記事執筆時)


MarsEditで予約投稿する方法

まずは、MarsEditで記事を書きます。その後投稿する段階になったら画面上部にあるメニューバーの「Post」をクリック。出てきたメニュー中にある「Edit Date」をクリックします。スクリーンショット 2017-05-08 01.23.06
すると投稿日時を設定できるウィンドウが出てくるので、投稿したい日付と時間を設定します。スクリーンショット 2017-05-08 01.23.34
そして、記事を書いていたウィンドウに右下「Server Options」にある「Post Status」を「Published」にしてからブログに記事を送ります。スクリーンショット_2017-05-08_01_24_36
これで、WordPressにログインして記事を確認すると予約投稿の状態になっていると思います。

さいごに

MarsEditだけでブログの執筆から予約投稿までできるようになったので、「完璧!」と言いたいところですが、あと1つだけ不満なところがあります。

それは、MarsEditではアイキャッチ画像の設定ができないところです。これができるようになれば本当の意味での最高のエディタになると思うんですけどね・・・。

それでも、やっぱりMacでブログを書くなら最高なブログエディタはMarsEditだと思う・・・
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
CATEGORY :