【Jリーグ】全日程が終了したので、振り返ってみる【 #2ステージ制反対 】

こんにちは!ともひろ(tomo24s)です。

この週末でチャンピオンシップ決勝第2戦と昇格プレーオフ決勝が行われて、今シーズンのJリーグ全日程が終了しました。(僕の応援している浦和レッズは、チャンピオンシップ準決勝で、ガンバ大阪に敗れてしまいましたが…)

今日は、今シーズンのJリーグを振り返ってみたいと思います。


史上初!観客動員数1,000万人達成!!

今シーズンのJリーグは、多くのサポーターが反対する中、前半の1stステージ、後半の2ndステージと、久しぶりに2ステージ制が復活したシーズンでした。

結果的には、観客動員数がJリーグ史上初めて1,000万人を超えたということで、成功したかのような印象を受けますが、多くの課題が浮き彫りにもなったと思います。

関連リンク▶︎Jリーグ史上初めて年間来場者1000万人突破。村井氏「努力を重ねた成果」 | フットボールチャンネル

僕個人は2ステージ制に反対の立場なので、「その1,000万人のうちどれだけの人数のスポンサー企業の社員を動員したんだよ」と勘繰ってしまうんですが、それでもJリーグの試合を見てくれる人が増えたと言うことは喜ばしいことだと思います。

分かりにくいシステムは、改善の余地あり

今シーズンのチャンピオンシップは、最大5チームが出場することになっていました。が、これがホント分かりにくい。1stステージ優勝の浦和レッズの出場は決まっていましたが、他の出場チームは、毎節試合後に変わったり、組み合わせも変わったりと、何だかよく分からない状況が続いてました(笑)

普段からJリーグを見ている人から見ても訳の分からないシステム。これでJリーグがいうライト層の取り込みなんてできるんでしょうか。凄く疑問です。

チャンピオンシップ準決勝のチケット発売が試合の2日前ってのもどうなんでしょう。日程的に余裕がないからなんでしょうが、チャンピオンシップ準決勝の入場者数は、その前週末同じ場所で行われた試合よりも10,000人以上も減と、観客動員に少なからず影響したんじゃないでしょうか。

理不尽なレギュレーション。ホームアドバンテージがあってもよいのでは?

そして、大会の方式にも疑問を感じます。

今回のチャンピオンシップ準決勝の対戦チームは浦和レッズとガンバ大阪でした。この2チームは、年間順位で2位と3位のチームです。しかし、両チームの勝ち点の差は9もありました。にもかかわらず、たった1度の敗戦(90分では引き分け)で、最終年間順位が逆転されてしまうのはおかしいんじゃないでしょうか。

J1昇格プレーオフでは、90分間で同点の場合は順位が上位のチームが勝ち上がるのに、チャンピオンシップではそれがない。おかしくないですか?チャンピオンシップでも、同様の仕組みにするべきだったんじゃないですか?来シーズンも2ステージ制を続けるなら、この辺りをきちんと改善しないと、ライト層の取り込みどころか、コアなファン・サポーターにそっぽを向かれることになるかもしれませんよ!

チャンピオンシップは、別大会に!

ここで1つ提案です。どうしてもチャンピオンシップをやりたいなら、2ステージ制はやめて、年間順位上位チームによる別大会にしてはどうでしょう。で、ACL出場チームや降格チームは、あくまでも年間順位で決定する。

J”リーグ”なんですから、最終順位は1年間リーグ戦を戦ってきた物を尊重しましょうよ。ね?Jリーグさん?

Posted from SLPRO X for iPhone.

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2015
SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で