無失点記録は7試合でストップ 第17節vs.鹿島アントラーズ

IMG_3100

前節徳島ヴォルティス戦で、連続無失点試合記録を7試合に更新して迎えた鹿島アントラーズ戦。この試合は、前節からMF平川忠亮→MF関根貴大、MF青木拓矢→MF鈴木啓太と2人を入れ替えて臨みました。


この辺の選手起用には、いろいろご意見が分かれるところだとは思います。

徳島戦からスタメンを2人入れ替え

夏場の連戦(1週間で3試合)を考えると、ミシャサッカーで最も運動量を求められるサイドのMF平川忠亮をMF関根貴大に代えるのは分からなくもないですが、後半に相手が疲れた所で起用した方が、今の関根くんなら活きるような気がします。

ボランチのMF青木拓矢ではなく、MF鈴木啓太を起用したのは、夏場の疲労というよりも戦術的な理由による起用なのかなと思います。

何れにしても、この選手起用が試合結果に少なからず影響したのではないでしょうか。

李忠成の正しい起用法とは…

ここ数試合、途中起用が多い李忠成。最近の試合を見ていると、李忠成の投入直後からリズムが崩れて、流れを相手に渡してしまい劣勢になることが多いような気がします。

疲れの出てくる後半からの起用が多いというのも理由だと思いますが、李忠成自身のプレーの質にも問題があるような気がします。

昨日は、シャドーの位置に入りましたが、トップに入った時には、ボールを収められずに相手に奪わらることが多いですし、昨日は昨日で、後半途中からの出場にも関わらず、あまり運動量が無かったように感じました。

周りの選手のサポートや相手選手との関係もあるので、単純に李だけの責任とは言えませんし、FC東京、広島と結果を残してきている選手なので、今後の活躍に期待したいと思います。

選手・監督コメントおよびマッチリポート

※以下は、オフィシャルおよびJ’s GOALに掲載された選手・監督コメントとマッチリポート記事へのリンク集です。


おすすめアプリ

Jリーグスタジアム
価格: 無料(記事執筆時)


Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2014
SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で