大槻組長を続けてた方が良かった・・・正気ですか?と言いたい件

オリヴェイラ監督に文句を言うのはお門違いだよ
柏レイソル戦・湘南ベルマーレ戦と2連敗となってしまったオリヴェイラ体制の浦和レッズですが、あちらこちらで大槻暫定監督のままの方が良かったんじゃないかという意見を目にします。

本気でそう思っているの?と、僕はそう言いたいです。

この件に関して、僕なりの意見を書いておこうと思います。様々な意見があるので批判的にとる方もいるかもしれませんが、あくまでも個人的な意見を個人のブログで言っているだけなのでご容赦ください。


予想外に勝点を上積みできた大槻暫定監督体制

堀元監督の解任を受けて就任した大槻暫定監督は、4勝2分と負け無しでその任を終えました。しかし決して試合内容が良かったわけではないと僕は思っています。

たまたま運良く負けずに終われた程度だと思っています。

予想外に順当に勝点を上積みできてしまったが故に大槻暫定監督の株が急上昇したわけですが、試合内容を見る限り遅かれ早かれ、今と同じ状況になっていたと思います。

特に後半の試合運びは酷いものでした。

これに関しては大槻暫定監督に責任があるわけではないので致し方無い部分です。すべてはシーズン前のキャンプの失敗に原因があるわけで、この連戦中に誰が監督をやろうとも大差のない試合内容だったと思います。

何もしなかった大槻暫定監督

サッカー監督
何もしなかったと書くと語弊があるとおもいますが、大槻暫定監督自身も言っていたように、あくまで自身は暫定であり、後任監督に引き継ぐのが仕事だと割り切ってその任にあたっていました。

なので、大槻暫定監督の方針としては、なるべく自分の色を出さずに勝点を上積みする。

そのために大槻暫定監督は、良い意味で何もしなかった。

ミシャ監督時からある遺産を少しづつ食いつぶしながら、なんとか勝点を拾い上積みしてきたのだと思います。

残念ながら大槻暫定監督は、ミシャじゃありません。過去の遺産を食いつぶしながら、自分の色を出さない戦いなど長続きするわけありません。

仮に大槻暫定監督体制が続いていたとしても、遅かれ早かれ同じような状況になっていたと僕が思う理由はここにあります。

オリヴェイラに文句を言うのはお門違い

指揮をとるようになってから2連敗となってしまいましたが、なんでオリヴェイラにブーブー文句を言っているのか、さっぱり分かりません。

むしろ僕なんかは、よくやってると思っています。

一度バラバラになりかけたチームを率いて戦うのは並大抵のことでは無いはずです。ましてや、今のオリヴェイラ体制も過去の遺産を食いつぶしている状況です。

そして連戦期間の真っ只中です。

結果が出ないからと言って今の段階で監督に文句を言うのはお門違いも甚だしいと思います。

チームづくりには時間が必要

チームづくりには時間が必要
大槻暫定監督によって予想外の勝点上積みという甘い蜜を吸わされて夢をみていたサポーターが、2連敗という現実に一気に引き戻されたことによって文句を言いたくなる気持ちもわかります。

サッカーは「チーム作り」に時間のかかるスポーツです。どんなに優秀な監督でも一朝一夕でチームが劇的に改善するなんてことはあり得ません。

ましてや練習もまともにできない連戦期間中です。もしかしたら、川崎戦・鹿島戦と連敗をしてしまうかもしれません。

それでも監督に文句は言えないと思います。文句を言うならフロントにでしょう。

Tomohiro
このハゲーーー!!!素人が見たって今シーズン堀監督の臨むのは厳しいとわかっていたのに、なんで続投させたんだよ!!

幸いなことに今年のJリーグは、例年以上に団子状態です。しかもワールドカップによる中断期間もあります。

監督に文句をいうのは、中断後の数試合を見てからでも遅くはないと思いますよ?

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018