完!vs.北海道コンサドーレ札幌

Eye catch
組長こと大槻毅暫定監督最後の指揮となった北海道コンサドーレ札幌戦は、両者無得点でのドロー決着となりました。

リーグ戦では3バックで戦ってきた大槻暫定監督ですが、この日も3バックで臨みました。また、システムも3-4-2-1とミシャ監督時代と同じシステムで臨み、完全なるミラーゲームとなりました。


今までは後半になると運動量が落ちて相手に押し込まれる時間が長くなる傾向がありましたが、この日の試合では、今までの試合ほどの失速は感じられませんでした。むしろ今シーズン一番90分を通して安定して戦えた試合だったかもしれません。

大槻暫定監督最後の試合ということで、選手からも、サポーターからもこの試合にかける熱い思いをスタジアム全体から感じることができまいた。

この日の引き分けで大槻暫定監督となってからリーグ戦は3勝1分。カップ戦も含めると4勝2分と負けないしとなりました。

試合の詳しい分析は、下記のブログが非常に参考になると思います。

柏戦からはオリヴェイラ監督が指揮

次節25日(水)の柏レイソル戦からは、新監督のオズワルド・オリヴェイラ監督か指揮をとります。

22日(日)に行われた記者会見では、少なくともワールドカップの中断までは3バックを継続する意向を示しました。

素人の僕が見ても今の浦和の選手構成からして4バックは厳しいと思うので、これは朗報と言えるでしょう。

ただ本人は4バックに対する思い入れも相当あるようなので、もしかしたら中断中に4バックに移行するかもしれません。そのタイミングで選手の補強なども行われるのでしょうか?

大槻暫定監督は、ヘッドコーチとして残留!

さて、みんな大好き組長こと大槻暫定監督ですが、ヘッドコーチとしてトップチームに残ることが発表されました。

オールバックの強面からサラサラヘアーに戻したようでw

これでオリヴェイラ監督に何かあっても安心ですね!!笑

Tomohiro
本当は大槻暫定監督再登板なんてことが無い方が良いに決まってるけどね・・・

公式ハイライト動画

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018