今シーズン初勝利!vs.ベガルタ仙台戦

Eye catch supporter
監督解任後初のリーグ戦となったベガルタ仙台戦は、試合開始早々の5分に興梠慎三のゴールで先制し、その1点を守りきり6試合目にして今シーズン初勝利を上げることができました。

試合内容を見れば仙台に押し込まれる時間帯が多く、とても手放しで喜べるような試合ではありませんでしたが、今のチームの状態を考えれば、大きな1勝であることは間違いありません。


前半20分までは良かったが・・・

堀監督解任後初のリーグ戦となったベガルタ仙台戦。新監督となった大槻監督は、堀監督が採用していた4バックから変更し、この試合では慣れ親しんだ3バックに戻しました。

この変更が功を奏したのか、試合開始から今までの試合が嘘のように、選手たちが躍動し、ミシャ監督時代のようなサッカーを展開しました。

開始5分で、仙台キラー興梠慎三のゴールで先制に成功すると、その後も試合を優位に進めます。

しかし、前半の20分頃から徐々に仙台に流れが傾き始めます。

1度狂った歯車を元に戻すのは難しいということなのでしょうか。選手たちは必死にボールに食らいつき、戦う姿勢を見せてくれました。

後半は、ワンサイドゲームと言っても良いほど浦和陣内でのプレーが多く、課題の多い試合展開となってしまいまいたが、監督が変わり、時間的余裕のない中での試合ということを考えれば、この日の浦和が見せたパフォーマンスは、そんなに悲観することもないと思います。

今のメンバーには3バックが最適解だと思う

堀監督は4バックを採用しましたが、今いる浦和の選手の特徴を考えると3バックが最適だと思います。

そもそもサイドバックの選手が居ないのに4バックを採用する理由がわからないし、ディフェンスの枚数を増やしたからといって、結局失点は減らなかった訳なので、なぜ堀前監督は4バックに拘ったのでしょう。

この日の前半20分までの躍動した選手の姿をみて、3バック+シャドーをおいたシステムが今の浦和にはベストマッチのシステムだということを、改めて確認でいた試合だったと思います。

強化体制刷新

チームから新強化体制に関するリリースが出されました。

今まで強化責任者だった山道強化部長に変わり、中村修造氏がGMに就任することが発表されました。

GM就任後最初の仕事は、新監督の招聘になると思いますが、一体誰が新監督に就任するのか楽しみです。

Tomohiro
新聞では、ネルシーニョにフラレ、今度は鹿島を3冠に導いたオリヴェイラという噂があるけど本当かなぁ。

公式ハイライト動画

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018