得点の気配を感じない…vs.サンフレッチェ広島

Eye catch stadium
こんにちは!ともひろです。

3月4日に行われたサンフレッチェ広島とのホーム開幕戦は、残念ながら逆転負けとなってしまいました。

この試合で感じたことは、「今シーズンはやっぱり厳しいな」ということ。

このままでは優勝やACL出場権獲得どころか残留争いまっしぐら。ルヴァン杯の名古屋戦や次節アウェイ長崎戦の結果次第では、監督の去就も考えた方が良さそうです。


サイド一辺倒で得点の気配無し

堀監督に与えられた命題は、ミシャサッカーに守備の要素をプラスして攻撃力はそのままに守備を安定させることだとばかり思っていました。

しかし、蓋を開けるとミシャサッカーの面影はなく、ただ単に守備に人数を割いて守る詰まらないサッカーになってしまいました。

ミシャサッカーの時に見られたフリックやワンタッチ、ツータッチで小気味よくパスを回した中央突破やピッチを広く使ったサイド攻撃など、見ている人がワクワクするような攻撃は、今は見る影もありません。

守備に人数を割いて守っているのに、相変わらず失点は続いています。

それに加えて得点の気配が全くしないので、先に失点してしまうと逆転出来る気がしません

今朝のスポーツ紙でのFW興梠の発言にもあるように、このままでは本当に今シーズンは厳しいシーズンになるでしょう。

フロントは現状をどのように分析しているのか。

手を打つなら早めの判断が良いと思います。

一筋の光明「武富孝介」

この試合での明るい材料と言えば、後半途中から出場したMF武富孝介ではないでしょうか。

キレッキレの動きは、ピッチにいた選手の中でも一番でしたし、クロスバー直撃の惜しいシュートもありました。

是非とも次の試合では、先発で見てみたい選手です。

武藤ポジションはあそこじゃない

現在浦和の左ウィングのポジションに入っているMF武藤雄樹ですけど、あのポジションじゃないでしょ!?と感じてるんでけど、どうなんでしょう。

今のシステムなら宇賀神を一つ前に上げて、左サイドバックに槙野、センターバックは、マウリシオ、岩波、遠藤のうちの誰か、右サイドに森脇という並びが一番しっくりすると思うんだけど…。

森脇は怪我だから仕方ないにしても、左サイドは今の並びは違う気がします。

武藤の適正ポジションは、もっと興梠の近く、シャドーの方が適している選手だと思っています。

サッカード素人の意見なので、的外れなことを言っているかもしれませんが、開幕からの2試合を見てそう感じました。

さいごに

今週3月7日(水)には、強力ブラジル人を補強して波にのる名古屋グランパスとルヴァン杯初戦の対戦があり、週末にはアウェイでJ2から上がってきた長崎と対戦があります。

名古屋は、ジョーやガブリエル・シャビエルなど外国人の活躍で開幕2連勝と好調です。

また長崎は、1分1敗と成績こそ浦和と同じですが、もともと新参者に弱い浦和ですから、なめてかかると足下をすくわれます。

この2試合での結果次第では、フロントも覚悟を決める必要がありそうです。

公式ハイライト

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018