オズの初陣は黒星発進。J1第10節 vs.柏レイソル

Eye catch
こんにちは!ともひろ(tomo24s)です。

4月25日(水)に行われたJ1リーグ第10節柏レイソル戦は、残念ながら0-1での敗戦となってしまいました。オズワルド・オリヴェイラ体制は黒星での発進となりました。

オズの魔法使いという異名を持つ監督ですが、その異名通りとは行きませんでした。


この試合でだけで批判するのは、さすがに酷でしょ

22日(日)の練習から指揮をとっているオリヴェイラ監督ですが、日曜日の練習は前日の札幌戦に出場しているメンバーは、リカバリー中心のメニューとなるため、実質2日間の練習期間しかなかった訳で、その短い準備期間にできることも限られていました。

Twitterなどでは、早くもオリヴェイラ監督を批判するような書き込みをする人もいたらしいですが、さすがにこの試合だけでの評価は酷というのも。連戦ということもあり、なかなか監督の思い描くチームを作るのは難しいので、監督を評価するのはワールドカップによる中断が開けてからの試合まで待つべきでしょう。

しかし、この試合で見せた浦和レッズのパフォーマンスが酷かったのも事実。中3日での浦和レッズよりも中2日で試合に臨んだ柏レイソルの選手の方が、選手がよく走っていたのは印象的でした。

相手は連敗中だったこと、そしてホームだったことで、この試合に対するモチベーションが高かったのは事実でしょうが、あまりにも酷い試合内容だったと思います。

連戦は続きます。週末にはよく走る湘南ベルマーレとの対戦を控えています。

連戦は相手も同じです。ましてや今度は我々浦和レッズのホーム・埼玉スタジアムでの試合です。

一度狂った歯車は、なかなか元に戻すことはできません。しかし、ホームで相手に走り負けてしまうような試合は見たくありません。

選手には内容は悪くても、なんとしても勝つんだという気迫のこもった試合を期待したいと思います。

やっぱり仕掛けられる選手が必要

この試合で感じたのは、サイドで仕掛けられる選手が必要だということ。

関根貴大選手や駒井選手のような自分で仕掛けられる選手がいたらと痛感しまいた。

DAZNの中継の中で、解説の福田正博氏が言っていましたが、昨年までは居たのにみんな出しちゃいましたからね・・・。完全にチーム編成の失敗ですね。

補強をするとすれば、その役割を担える選手でしょう。

そして、もしオリヴェイラ監督がワールドカップの中断期間に4バックへ移行するのであれば、サイドバックの選手も必要でしょう。

いずれにしろ、夏の中断期間での補強は必須となることは間違いありません。

サプライズは、槙野とマウリシオの2トップ!?

前日の新聞に、オリヴェイラ監督がサプライズを予告というような記事を見かけました。

まさか、そのサプライズが槙野とマウリシオの2トップだったとは・・・。

闘莉王大作戦以来の衝撃でした(苦笑)

正直、不安しかありません。連戦で、チームに自分のサッカーを浸透させる時間がないための苦肉の策だとは思いますが、次からはやめて頂きたい!笑

公式ハイライト動画

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018