2017Jリーグ全日程終了!今シーズンを振り返るぞ!!

0000
12月2日(土)に行われた第34節横浜F・マリノス戦で、今年のJリーグも全日程を終了しました。天皇杯を敗退してしまった浦和レッズは、これで国内での全日程が終了となり、残すは中東アブダビで行われるクラブワールドカップのみとなります。

今シーズン国内ではミシャ監督の解任があったりと思うような成績を残すことができませんでしたが、10年ぶりにAFCアジアチャンピオンズリーグで優勝することができました。

本当はJリーグも優勝したかったんですけどね・・・。クラブワールドカップはありますが、Jリーグの全日程が終了したので、今シーズンを少し振り返ってみたいと思います。

今シーズンは失点が倍増!

まず、今シーズンと昨シーズンの成績を比較してみたいと思います。

勝点 試合数 得点 失点 得失点
2017年 49 34 14 7 13 64 54 10
2016年 74 34 23 5 6 61 28 33

今シーズンの特徴としては、昨シーズンのリーグ最少失点である28点から54点とほぼ倍増したことだと思います。システムや選手がそれほど変わったというわけでは無いにもかかわらず、これだけ失点が増えてしまいました。

奪った得点は昨シーズンとほど同数の64得点(昨シーズンは61得点)なので、今シーズンも昨シーズン同様に守備が安定していれば、こんな情けない成績で終えることもなかったのかもしれません。

これだけ失点が増えてしまった原因の1つに、昨シーズンのCS制度があるのではないかと思っています。年間勝点では74と優勝した鹿島よりも15も多いにも関わらず、たった1つ負けただけで優勝を逃してしまうという酷いシステムの影響で、選手のメンタルに少なからず影響があったのではないでしょうか。

「これだけやったのに優勝じゃないのか・・・」みたいな。一種の燃え尽き症候群みたいな感じで・・・。

上位陣に勝てない!!

先に上げた項目と関連してきますが、今シーズン浦和よりも上位に位置するチームにほとんど勝てませんでした。勝利したのは、開幕直後の第2節ホーム埼玉スタジアムでのセレッソ大阪戦のみです。

これでは上位に食い込んで行くのは厳しいです。得点は奪えていただけに、守備の不安定さが悔やまれます。

ミシャ監督解任。そして堀体制へ

7月29日(土)に行われた第19節北海道コンサドーレ札幌戦を2-0で落としたことで、フロントはミシャ監督の解任を決断します。ACLでは、グループリーグを突破しラウンド16の済州ユナイテッドを破って準々決勝へとコマを進めていましたが、Jリーグでは思うような結果を出せずに解任となってしまいました。

僕は、4月30日に行われたアウェイでの大宮とのダービーがターニングポイントだったように感じています。この試合を境に少しずつ歯車が狂って行ったような気がします。

ミシャ監督の今シーズンの成績は、9勝2分9敗 勝点29でした。数字だけみると解任するほど酷い数字では無い気もします。こんな記事書いておいて言うのも変ですが(汗)

その後を引き継いだのが、コーチとしてミシャ監督を支えていた堀さんでした。

堀監督での今シーズンの成績は5勝5分4敗でした。数字を比較するとミシャ監督と対して変わらない気もします。

ACL優勝があまりにも大きくあまり目立ちませんが、Jリーグでは相変わらず失点が続いていたし、得点力も衰えてしまいました。

2018シーズンも引き続き監督としてチームを指揮することが決まっていますが、堀監督になってからの試合を見ていると、正直不安しかありません。フロントもACL優勝監督だから、そのままで良いでしょ!って感じに安易に続投を決めたんじゃないかと思ってしまいます。

シーズン中に急遽監督に就任してチームを作る時間がなかったからと言えばそうですが・・・。

試合後にサポーターから出された弾幕「国内の結果にも目を向け明確なビジョンを持ち来季も戦おう」

フロントは本当に今シーズンの結果を検証して、明確なビジョンを持って続投を決めたのでしょうか?来シーズンが今から不安で仕方ありません。

シーズンチケットの更新は12月6日まで!!

シーズンが終わるとシーズンチケット保持者の方は、来シーズンに向けて更新の手続きをすると思います。

来シーズンのシーズンチケット更新は、WEBでの手続きは12月6日(水)お昼の12時までです。郵送の場合は12月6日(水)消印有効となります。

忘れずに手続きしましょう!!

シーズンチケットのWEB更新はこちら

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で