堀監督初陣はドロー決着。さいたまダービー大宮アルディージャ戦レビュー

review
8月5日に行われた2017明治安田生命J1リーグ第20節大宮アルディージャ戦、堀監督の初陣となったこの試合を白星で飾ることはできませんでした。

前半ペナルティエリア内で相手の選手のハンドで得たPKを興梠慎三選手が決めて先制したのは良かったのですが、1失点目はホントどうしようもない安い点の失い方をしてしまいました。

この試合に限らず、今シーズンの浦和レッズはこういう安い失点をすることが多く、FW陣がどんなに得点しようとも、これでは勝てません。こう言った安い失点をいかに減らしていくかが、今後の堀監督体制での課題でもあり、堀新監督の手腕に期待することろでもあります。

浦和レッズの攻撃陣を見る限り、ディフェンスが安定してくれば、自ずと勝ち試合も増えてくるはずなので、早急に改善を図ってもらえると良いですね。

とは言え、今週水曜日にはアウェイで甲府との試合がすぐにあります。なかなか時間的余裕もありませ。まずは何が何でもこの試合に勝利することを最優先として、短い時間ではありますが、堀監督始め選手たちには日々の練習から取り組んでもらえることを期待します。

公式ハイライト動画・レビュー記事

公式ハイライト動画

公式レビュー記事



試合後監督会見・選手コメント



メディア










おわりに

8月6日クラブから関根貴大選手のドイツ・ブンデスリーガ2部のFCインゴルシュタット04への完全移籍が発表されました。

前々から海外挑戦の希望を口にしていた選手だったので、海外移籍は遠からずくるものと覚悟はしていましたが、こんなに早く、しかも突然の発表に正直びっくりしてしまいました。

しかし、決まってしまったものにとやかく外野が言っても仕方ありません。今のチーム状況を考えると、関根選手が抜けてしまうのは非常に痛手ですが、関根選手には大いに活躍してもらい、チームを1部に昇格させられるような活躍を期待するとともに、日本から応援しています。

そして、いつの日か再び埼スタのピッチを赤いユニホーム姿で駆け抜ける関根選手を見ることができる日が来ることを願っています。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で