痛い敗戦。柏レイソル戦レビュー

review
こんにちは!ともひろ(tomo24s)です。

6月4日に行われたアウェイ柏レイソル戦は、1-0で敗戦となりました。

済州戦から中3日で迎えたこの試合は、コンディション面の影響から慎重な試合運びとなりました。しかし、前半の終了間際に先制を許すと、後半のPKチャンスを興梠慎三選手がまさかの失敗。その後も惜しいシーンを幾度も作りますが、ゴールを決めることができず試合終了。柏レイソルはこれで8連勝&暫定首位をキープし、一方の浦和レッズは首位と勝ち点差7の暫定6位に後退となりました。

先制点を許したシーン、何で柏の選手を2人もフリーにしてしまったのか、ホント疑問だし、勿体無い失点の仕方だったと思います。1試合少ないとは言え、首位との勝ち点差7は、優勝を狙う上では非常に厳しい数字だと思います。

特に今年の夏は猛暑と言われている中、毎年のように夏場の失速を繰り返している浦和にとってこの差は非常に厳しい。これからの暑いシーズンをどう戦い、乗り越えて勝ち点差を縮めて行くのか。自分たちのサッカーを貫くのも大事だけど、それを捨てて実を獲るサッカーも大事な時期に差し掛かって行くのではないでしょうか。ミシャがやるとは思えないけど・・・σ^_^;

公式動画・レビュー記事

公式ハイライト動画

公式ゴール動画

公式レビュー記事



監督・選手コメント







メディア








Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で