なんとかもぎ取った勝ち点3。サンフレッチェ広島戦レビュー

review
こんにちは!ともひろ(tomo24s)です。

7月1日に行われた明治安田生命J1リーグサンフレッチェ広島戦は、4-3で辛くも勝ち点3を獲得しました。

試合を通して内容はとても悪かったと思います。特に前半先制するまでは、ゴールに迫って居たのはどちらかと言えば広島の方。浦和はなかなか効果的な攻撃を繰り出すことができず、連敗中の悪い流れそのままという感じでした。

それでも柏木選手からの浮き球のスルーパスに反応して裏に抜け出してダイレクトで折り返した駒井選手はさすがの一言。ゴールを決めた興梠選手は当てるだけという感じでした。その直後も武藤選手がゴールを決めて、2点差のまま良い流れで後半戦を迎えます。

正直、前半のうちに2点差になったところで「今日の試合は勝てるな」という心の油断があったのかもしれません。

後半開始直後の失点は、そんな油断が招いた失点だと思います。後半開始から何となくふわっとした入り方をしていたのを、スタジアムで見ていて感じました。そして、その雰囲気の中、あっという間に同点にされます。

この試合も含め連敗中の失点の仕方が酷い。相手のシュート練習かと思うくらいにシュートを打つ選手に対しプレッシャーを掛けることができていません。失点するなとは言いませんが、せめてシュートを打つ選手に対してはもう少しプレッシャーを掛けて欲しいです。

ただ、そこに行くまでの守備の仕方が悪いからノープレッシャーで打たれているわけで、それはディフェンス陣の責任というより、ピッチにいる選手の全員の責任であり、チーム全員の責任でもあります。また、浦和のディフェンス陣はドリブラーにめっぽう弱いですね。ドリブルで仕掛けてられると、ズルズルとディフェンスラインが下がってしまい、あっという間にゴール前に侵入されてしまいます。

攻撃に重心がかかった状態でボールを失っていることが多いので、ある程度は仕方ないのかもしれませんが、この辺の対応方法も要検討だと思います。

ただ、広島に逆転されてから同点、逆転できたことは、今後の好材料だと思います。この試合で万が一勝ち点を奪えず負けていたら、苦手な夏場に突入したこともあり、それこそ今シーズンは「絶望」の2文字しか見えなかったでしょうから。

何はともあれ、連敗を3で止めたことを良しとして、次の川崎戦でも勝ち点を奪えるようにしっかり修正してもらいたいと思います。

公式動画・レビュー記事

公式ハイライト

公式ゴール動画

▼42分 興梠慎三(浦和)

▼45分 武藤雄樹(浦和)

▼47分 皆川佑介(広島)

▼54分 アンデルソン・ロペス(広島)

▼72分 アンデルソン・ロペス(広島)

▼85分 ズラタン(浦和)

▼90+2分 関根貴大(浦和)

公式レビュー記事


監督・選手コメント





メディア








おわりに

連敗を止めたけれど、内容はまだまだ全然ダメ。次戦の川崎は神戸相手に5得点無失点と攻撃陣も守備陣も好調のようです。浦和のザル守備がどこまで修正され通用するのか、そして攻撃陣は川崎の守備陣を崩し得点を奪うことができるのか。

川崎戦は7月5日㈬にアウェイ等々力競技場で行われます。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

昨日の試合では、スタジアム到着直後から試合終了までdocomoの回線が全く使えなかったんだけど、僕だけの問題なのかな・・・4Gも3Gもぜんぜんダメ。Jリーグトップパートナーになって最初の試合でこの仕打ち・・・酷すぎるよw
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で