グループステージ最終戦目前!日本勢の各チームの展望まとめ【ACL】

グループステージ最終戦目前!日本から出場の4チームの展望をまとめました。
こんにちは!浦和レッズサポのともひろ(tomo24s)です。

いよいよ今日、明日でアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ最終戦を迎えます。日本から出場している4チームの最終戦それぞれの展望をまとめてみました。

アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)とは

アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)とは、一言で言えばクラブチームのアジアNo.1を決める大会です。

出場32チームを8つのグループに分け、2回戦総当りのリーグ戦を行います。その後、各グループ上位2チーム合計16チームによるホームアンドアウェイ方式のトーナメント戦を行います。

8つのグループは、アジアを東西2つの地区(※)に分け、東西それぞれには4つのグループ(グループA~Dは西地区、グループE~Hは東地区)があります。※西地区(西アジア・南アジア・中央アジア)、東地区(東アジア・ASEAN)

また、グループステージでは、同一協会に所属するクラブチーム同士の対戦はありません。トーナメント戦では、準決勝までは東西をまたぐ対戦はありません。

今年、日本からは浦和レッズ・鹿島アントラーズ・川崎フロンターレ・ガンバ大阪の4チームが出場しています。次の項目からは、各チームの展望を見ていきます。

浦和レッズ(グループF)

ACL開幕前には死のグループと言われたグループFに属する浦和レッズですが、前節ホームでウェスタン・シドニー・ワンダラーズに勝利し、グループステージ突破を決めました。

しかし、同グループ2位の上海上港がFCソウルに勝利したため順位確定は最終戦に持ち越されています。

10日(水)に行われるアウェイFCソウル戦に勝利すれば文句無しで1位突破を決まられますが、引き分け以下の場合、2位の上海上港の結果次第で順位が入れ替わってしまう状況です。

FCソウル戦は先発8人入れ替えか!?


昨日のスポニチにこのような記事がありました。グループステージ突破を決めている浦和レッズと敗退が決まっているFCソウルの対戦であるため、ターンオーバーで試合に臨むことになりそうです。

しかし、どうせ突破するなら1位で突破したいと個人的には思うので、ぜひソウル戦は勝利で締めくくって貰いたいと思っています。

鹿島アントラーズ(グループE)

現在グループEで2位の鹿島アントラーズも、前節の勝利でグループステージ突破をすでに決めています。

最終戦は現在首位のムアントン・ユナイテッド(タイ)と1位通過をかけてホームで対戦します。前回アウェイでの試合では、先制されたものの、後半開始早々に金崎選手のゴールで同点に追いつきましたが、後半アディショナルタイムに失点し、惜しくも破れています。

Jリーグでは、前節浦和レッズに勝利し首位に立っています。また現在公式戦3連勝とチームは非常に良い状態です。突破を決めているチーム同士の対戦ですが、勝って1位通過を決めたいところですね!


川崎フロンターレ(グループG)

現在グループFで3位の川崎フロンターレは、今日グループステージ突破をかけてイースタンFC(香港)と対戦します。

現在3位の川崎(勝ち点7)ですが、同グループのもう一方の試合、広州恒大(中国・1位・勝ち点9)-水原三星(韓国・2位・勝ち点8)の試合で、勝敗がついても引き分けとなっても、どちらかのチームの勝ち点が9を超えることが無いため、今日の試合で川崎が勝利すれば勝ち点が10となり、グループ2位での突破が可能です。

5日(金)に行われたJリーグ新潟戦で川崎らしい攻撃的サッカー復活の兆しが見えてきたので、この調子で最終戦も勝利してグループステージ突破してもらいたいですね!

ガンバ大阪(グループH)

グループ首位の江蘇蘇寧はすでにグループステージ突破を決めています。残りの1枠を他の3チームで争っている状態です。

しかし、ガンバ大阪は現在勝ち点4でグループ最下位と非常に厳しい状態です。

ガンバ大阪のグループステージ突破条件は、今日9日(火)に行われるアウェイ・済州ユナイテッド戦で3−0もしくは4得点した上で、3点差以上で勝利しなくてはなりません。さらに江蘇蘇寧-アデレード・ユナイテッドが引き分け以下という条件も付きます。

このようにガンバ大阪のグループステージ突破は、非常に厳しい状態です。しかし諦めてしまっては、そこで終了です。選手・サポーターは最後まで諦めることなく戦うはずです。

奇跡の突破を信じています!

さいごに

今年のACLでの日本勢は、全体として好調です。4チーム全てがグループステージ突破する可能性もあります。2008年のガンバ大阪の優勝以来、アジアの舞台で低迷が続いている日本のチームですが、それを払拭するためにも日本から出場している4チームすべてがグループステージ突破できることを願っています。

来年以降の日本の出場枠のためにも、川崎とガンバには頑張ってもらいたい!!
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で