逆転勝利でベスト8進出決定!!済州ユナイテッドFC戦レビュー

IMG_5641
こんにちは!ともひろ(tomo24s)です。

5月31日に行われたアジア・チャンピオンズリーグラウンド16第2戦済州ユナイテッド戦は、延長線の末、2戦合計3-2と逆転し9年ぶりにベスト8進出を決めました。

試合後は、ヒートアップした済州の選手が乱闘騒ぎを起こすなど後味の悪い試合になってしまいました。

ノルマを完遂。9年ぶりのベスト8進出決定!

この試合のポイントは、2点ビハインドで第2戦を迎えた浦和レッズが、無理をする必要のない済州の堅い守備をいかに攻略するかがポイントだと思っていました。

そんな浦和レッズは、試合開始から試合を優位に進め18分に興梠慎三選手のゴールで先制に成功すると、33分には先制ゴールを奪った興梠慎三選手からのスルーパスに反応した李忠成選手がゴールを決め、前半のうちに2戦合計2-2の同点に追いつくことに成功します。

後半の浦和レッズが優位に試合を進めますが、なかなか追加点が奪えません。そんな中、相手のカウンターから危ない場面を作られることもありましたが、身体を張った守備で相手に得点を与えません。

すると81分に済州の選手がこの日2枚目のイエローカードで退場となります。その後も一方的に試合を優位に進めますが、1人少なくなりPK戦狙いになった済州のゴールを奪えず、試合は延長戦に突入します。

延長戦でも試合を優位に進めながら、なかなか済州のゴールをこじ開けることができません。しかし114分、左サイドの高木俊幸選手からのクロスをファーサイドに詰めていた森脇良太選手がゴールを決め、ついに済州のゴールをこじ開けることに成功しました。

試合はそのまま終了。2戦合計3-2と逆転で9年ぶりにベスト8進出を決めました。

試合後には乱闘騒ぎが

原因は不明ですが、延長戦終了直前から両チームの選手間で一悶着がありました。

ベンチにいたはずの選手がピッチを横切って、阿部勇樹選手にエルボーを食らわして、試合に出場していないのにレッドカードで退場になったり、試合後にはヒートアップした済州の選手が槙野智章選手を追いかけ回したり、ペットボトルを投げたりと後味の悪い試合となってしまいました。

この件について、浦和レッズはAFCに抗議する意向のようですし、またAFCも調査に乗り出すということなので、しっかり調査して厳正に処罰してもらいたいです。

公式ハイライト・レビュー記事

公式ハイライト

公式レビュー記事



監督・選手コメント







メディア











Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で