まさかの1位通過!- FCソウル戦レビュー記事まとめ【ACL】

review

こんにちは!ともひろ(tomo24s)です。

昨日、韓国・ソウルで行われたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第6節FCソウル戦は、0-1で敗戦となりました。しかし、グループFのもう1試合ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ対上海上港の試合で上海が3-2で破れたため、グループF1位通過となりました。

前半38分、この日怪我からの復帰戦で先発出場していた高木俊幸選手のパスミスからカウンターを受けてあっさり失点。その後も得点を奪うことができずに完封負けとなりました。


先発メンバー大幅入れ替えもミス多発!

この試合で浦和レッズは先発メンバーを大幅に入れ替えて臨みました。しかし、ミスが多く、パスをインターセプトされてからのカウンターを受けるシーンが多くありました。

この日の試合では、急造メンバーで臨んだため普段見られるような攻撃も影を潜めてしまい、なかなかソウルゴールを脅かす攻撃を繰り出すこともできていなかったように思います。

しかし、高木選手や梅崎選手が怪我から復帰し、田村選手、榎本選手が浦和移籍後は公式戦初出場するなど、今後のJリーグやACLに向けて明るい材料も見られる試合でした。

公式戦3連完封負け

今日の試合で浦和レッズは、公式戦3連敗、しかもこの3試合1得点も奪うことができず攻撃陣の不調が気になります。

3連敗が始まるダービー大宮戦まではリーグ・ACL13試合で41得点で1試合平均3.15点と非常に攻撃陣が好調でした。しかし、ここ3試合では0得点と非常に深刻な状況です。

得点が奪えない原因がどこにあるのかは分かりません。しかし、いずれの試合も失点は1点とディフェンス陣は安定しているので、1日も早い攻撃陣の復調が待たれます。ここまで固定メンバーだったので、攻撃陣に刺激を与える意味でも、前線の組み合わせを少し変えても良いのかもしれません。大幅に入れ替えると連携面で不安があるので、あくまでも少しで・・・σ^_^;

Round16の対戦相手は済州ユナイテッドFC(韓国)

今日の試合の結果、グループF1位となったため、Round16での対戦相手は韓国の済州ユナイテッドFCに決まりました。24日(水)にアウェイ、31日(水)にホームでの対戦となります。

レビュー記事まとめ

公式ハイライト動画

公式レビュー記事

監督・選手コメント

メディア

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で