暇な大学生こそブログよりバイトをすべき理由

part_time_job
こんにちは!大学生じゃないけど暇なともひろ(tomo24s)です。

先日、ブログ・オモロクの「バイトは時間の無駄!暇な大学生がブログを書くべき3つの理由」という記事が、少し話題になりました。

僕は、ちょっと前まで学生アルバイトを雇う立場(接客業)だったので、上記のブログの記事に対しては反対の意見を持っています。そこで今回の記事では、僕が学生がバイトをするべきだと考えている理由について書きたいと思います。

学生こそバイトをするべき理由

150415222377_TP_V
先にも書きましたが、僕は学生だからこそバイトをするべきだと考えています。しかもできることならコンビニやファストフード店などの接客業でバイトをするべきだと考えています。その理由は以下の3つです。

  • 1.さまざまな人と接することができ、対人スキルを得られる
  • 2.収入を得ることの大変さを実感できる
  • 3.就職する前に、社会の厳しさを体験できる

バイトをすることで「対人スキル」を得られる

BL004-cofeewowatasubucyou20140810_TP_V
僕は学生こそ、コンビニやファストフードなどの接客業でのアルバイトをおすすめします。その理由は、同じアルバイト同士はもちろん、そのお店に来店する様々なお客様と接することで、対人スキルが自然と身につくからです。

たとえばコンビニ。時給で言えば最低賃金に近い時給のことが多いですが、コンビニには小さな子どもからお年寄りまで、老若男女本当に多くのお客様が来店します。当然、その中にはいろいろなお客様がいます。中には理不尽なクレームを言ってくる人もいるかもしれません。

しかしそのクレームでも、これからのあなたの人生に大切な糧となるのです。様々な人と接する中で、社会人として身につけておくべき対人スキルが自然と身につけることができます。例えば、敬語や丁寧語などの言葉遣い。例えば、同僚と一緒に取り組むことによるコミュニケーション力。例えば、上司やお客様から怒られて時に必要な忍耐力。などなど、社会人として当然身につけておくべき対人スキルが、貴重な体験を通して得ることができるのです。

しかし、ブログを書く場合はどうでしょう?このような対人スキルを得ることは可能でしょうか?僕は不可能だと思います。

所詮ブログは、パソコンやスマホの画面越しでのコミュニケーションです。しかし、バイトはダイレクトコミュニケーションです。このダイレクトというのがとても大切です。人はダイレクトコミュニケーションで得た体験でこそ、自分のモノにすることができるのです。

収入を得ることの大変さを実感できる

CH9V9A0033_TP_V
ブログでもアドセンスなどの広告を貼ることで収入を得ることは可能です。しかし、自分の身体を動かして汗水流してお金を稼ぐことに意味があります。ブログの記事1つを書くのにも大変な労力を要することは僕自信も知っているつもりです。

しかし、バイトをすることで得る苦労とブログの記事を書き上げる苦労のは違うものだと僕は考えています。ブログでする苦労は、自分の好きなことによる苦労であって、バイトのような自分ではどうにもできないような環境でする苦労とは質が大きく異なると思います。

バイトでは、何でも自分の好きなことだけをしているわけにはいきません。時には嫌な仕事もしなければならないかもしれません。その嫌なことをして得るお金は、同じ金額をブログで得たとしても、何倍、何十倍、何百倍も価値のあるものだと僕は考えています。

社会の厳しさを体験できる

tsuyoshi-31_TP_V
ブログを書くだけでは得ることのできない体験が、社会の厳しさだと思います。一人でパソコンやスマホの画面を見ながら記事を執筆しているだけでは、決して得ることのできない体験です。

上司に怒られる。お客様に怒られる。そんな体験ができるのもアルバイトだからこそだと思います。もしバイトもせずに就職したら、3ヶ月もせずに会社を辞めたくなるかもしれません。しかし、バイトをしてある程度の耐性ができていれば、辞めるという選択では無くて、上司やお客様を見返してやろうという前向きな発想になるかもしれません。

いずれにせよ、バイトというあなたにとって貴重な体験は、確実にあなたを一回りも二回りも大きく成長させてくれる違いありません。

エリートこそ、接客業のアルバイトを経験して欲しい

進学校から一流の大学に進学した所謂「エリート」と言われる人ほど、僕は接客業のアルバイトをして欲しいと思っています。

僕が10年以上学生アルバイトに接してきた経験上、エリートと言われる人の多くは仕事ができません。勉強はできても仕事はできないという人がほとんどでした。

勉強ばかりしてたせいなのか、対人スキルや他のアルバイトとのコミュニケーションをうまく取ることができなかったのが原因ではないかと僕は思っています。

また、エリートと言われる人たちは、怒られたり挫折をした経験がありません。しかし、接客業では時にお客様から怒られることもあるでしょう。仕事で失敗することもあるでしょう。その怒られたり、失敗による挫折を経験することが、エリートのあなたを人として成長させてくれるはずです。

おわりに

このようにブログを書くより僕は実際にバイトをすることの方が、得るものは多いと思います。ブログでも得ることがないとは思いません。しかし、ブログをやるのはバイトをしながらでも、就職して社会人になってからでもできます。

しかし、バイトで得られる経験は、学生のうちにしか得られません。ぜひ、学生の今だからこそ、バイトに頑張って励んで下さい。そして、一回りも二回りもあなた自身を人として成長させてください。バイトで経験したことは、今後のあなたの人生に役立つはずです。

できれば、高校生のころからバイトをすると良いと思うよ。時給じゃなくて得られる経験で選ぶのが大切!
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で